アフリカ熱帯林の原住民によるカカオ栽培が土壌肥沃度に与える影響の定量評価

柴田 誠
(京都大学 地球環境学堂 研究員)

2016年6月28日火曜日

カメルーン調査に行ってきました!

一昨日、カメルーンから帰国しました!
カメルーンの場所、覚えてますか?



京都は蒸してますね。。梅雨真っ只中です。

今カメルーンは小雨季から小乾季にかけての過渡期なのですが、

非常に過ごしやすい気候なんです。
え?アフリカって暑ないの?
と思われた方も多いかもしれませんが、
アフリカ大陸は全般に標高が高いので、
実はとても涼しく避暑地のような所が多いんです。

僕の調査地で標高 800 mぐらいで、
平均気温は22-23度、
日中は30度を超える事もありますが、
朝晩は20度以下まで下がりますし、
夏の北海道のような感じです。
京都の夏の方が、それはよっぽど暑いんです。

前回のブログから時間が空いてしまいましたが、

なぜカメルーンという国にはるばる行くのか、
という事をまだ説明していませんでした。

まず、カメルーンの風景写真をいくつか見て頂こうと思います。







そして、地面を垂直に掘ったものを横から見た、
僕らが「土壌断面」と呼んでいる写真がこちら。






そうなんです、土が真っ赤なんです!!

なぜ土が赤い色をしているのか?

実はこの色、鉄さび(=酸化鉄)の色です。

土が錆びている、と言われてもピンと来ないかとは思いますが、
土に色をつけている犯人は鉄である事が多いです。
赤かったり黄色かったり、

水田のような湿ったところにある土は青っぽくなるのですが、
大雑把に言ってしまえば、これ全て鉄の色なんです。

ただし、
日本には火山灰が材料になってできた
黒ボク土が多く分布していますが、
この黒色は有機物(葉っぱや根っこが生物によって分解されて土になったもの)の色になります。

北海道・標茶の黒ボク土


カメルーンの土壌断面でも表層の方は黒っぽいですよね。
土壌学ではこの層をA層と呼び、
下層の有機物の影響がなくなった層位をB層と呼んでいます。

少し話は飛びましたが、
鉄さびの色をした赤い土がある、

これがカメルーンに行く理由なんです。

え?それが理由?

と思われる方もおられると思いますので、
もう少し説明を加えます。


このタイプの土壌は、
オキシソルやフェラルソルと呼ばれ、
アフリカや南米の熱帯林地帯に広く分布しています。

赤く塗ったところがオキシソルです



















特徴は、とにかく貧栄養。
気の遠くなるような長い時間をかけて、
温暖な気候で風雨に晒され続けた結果、
土壌中の養分はほとんど溶けて流れ切ってしまい、
また、養分を保持する力もなくなってしまった、
そんな土壌です。

もちろんそんな土は日本にはありませんし、
同じ熱帯でも東南アジアにはほとんどありません。


なぜか?

この土壌が出来るためには、
地殻変動や火山活動のない

安定な環境が長時間必要だからなんです。
火山が噴火したり、地殻変動で山が隆起したりすると、
新たな土の材料が供給されてしまいますので、
オキシソルの段階まで進んで行かない、
という事なんです。
 

そんな貧栄養と言われる土壌で、
植物はどんな戦略で養分を獲得し

巨大なバイオマスを支えているのか、
更に現地の農民が行う焼畑によって

養分の流れはどう変わるのか、
という事を僕は調べています。


ふんわりとでも、僕の研究について理解して頂けたでしょうか。
これが僕がカメルーンに行く理由です。

こんな感じで、アフリカの大地で頑張ってます!!


今日はこの辺で。

1 件のコメント:

  1. 柴田先生、財団の中原です。
    面白いですね~。グイグイと引き込まれるように読ませて頂きました。
    カメルーンのお話も「やさしい科学技術セミナ-」でお会いする機会があると思いますので、聞かせて下さい。小生は、アフリカには一度も行った事がないのですが、中南米はあちこちに住んでますし、飛び回っておりましたので、思わず、引きこまれてしまいました。。。

    返信削除